市が策定した東久留米市地域福祉計画(第3次改定:基本理念「新たな“つながり”づくり」)に基づき、平成27年度、1名の地域福祉コーディネーターを八幡町地区センター内(はぁとふるーむ くるめ)に配置しました。地域における新たな支え合いの仕組みづくりを目指し、市内西部地域(小金井街道西側)にて活動しています。
 平成29年度はモデル地区である弥生地区において、2か月に1回定例会を開催し、「住みよいまちづくり」に向けて地域住民・関係機関が一緒に話し合いを行い、具体的な取組について協議しています。


kaigi


地域福祉コーディネーターの主な役割(活動内容)
①    個別支援
・既存の福祉制度だけでは対応できない課題を抱えた住民、あるいは自分からは助けを求めることができずに社会的孤立状態の中で生きづらさを抱えている住民等に対して、必要なサービスや専門機関との橋渡し役になるとともに、一人ひとりに寄り添い、一緒に解決策を探すための相談や調整的な支援を行う。
②    地域支援
・地域課題を住民自らが解決できるよう、住民の主体的な取組を育成する。
③    しくみづくり
・個別相談の窓口を担うとともに、ニーズ把握を行う。
・問題解決のため「地域とともに考え」、地域住民がみずから考え解決に関われるよう働きかけ支援する。
・個別の対応に終わらず組織的な対応を果たせるように、住民組織づくりや既存の様々な地域組織との連携・交流の機会を設けたり、機会の活用を図る。


<参考資料>

・モデル地区(弥生)での取組紹介 (PDFファイル/236KB)
・弥生地区「住みよいまちづくり」に向けた集い 定例会のご案内(PDFファイル/497KB)
・「住みよいまちづくり」に向けたアンケート調査 集計表 (PDFファイル/585KB)


問い合わせ先
はぁとふるーむ くるめ
電話(FAX) 042-420-6351(042-420-6352)
住所     〒203-0042東久留米市八幡町2-7-61(八幡町地区センター内)
開設日時   月・水・木・金(午前8時30分~午後5時まで)※祝日を除く