平成25年7月24日(水)に実施した成年後見(法定・任意)制度説明会には、定員を超える50人の来場者で、満員御礼となりました。 

講師の長田先生は様々な事例を交えた説明で、難しそうで取りかかりにくい成年後見制度を身近なものとしてお話しいただきました。

参加者の顔ぶれは、自分のこととして備えたい年配の方や、兄弟や親のことで困っている人、高齢者の生活相談を受けるケアマネージャーなどの支援者もいました。また、知的障がいや精神障がいを持つ人の家族や施設職員も沢山来場し、制度利用の必要性と注目の高さが伺えます。
 kouken

【参加者感想】

・法定・任意・親なき後問題のそれぞれのできること、できないことを聞けたことがとても良かったです。(30代・女性)

・子供に知的障がいがあるため、将来の事を考え、今日は参加致しました。成年後見制度の事が大まかな形で知る事ができました。ありがとうございました。近いうちにお願いすることになるかと思います。時間を作って、個人的に相談できたらと思います。(50代・女性)

  成年後見制度については、自治会や老人クラブ、施設などに社協職員が出前で説明に伺いますので、お気軽にお声かけください。また、個別の相談も常時承っております。

詳しくは 479-0294 成年後見制度推進機関