東久留米で力を合わせ、福島とつながって、東北を応援するイベント「つながっぺ 福島」のご報告です。
参加者423人の笑顔と支援の気持ちがつながるイベントになり、盛況に終了しました。
皆様のお力添えのおかげです。どうもありがとうございました!

●イベント主旨●   応援メッセージを東北に届けたい。

ボランティアセンターに登録する団体と個人有志による「ボランティア連絡会」で、平成23年6月からずっとずっと考えてきました。
東日本大震災で苦しむ人たちのために何かしたい。東久留米市内に避難している人の力になりたい。そんな熱い気持ちからアイディアを練り、力を集めてこのイベントを企画しました。
第1弾となる「つながっぺ 福島」は、県外避難者の多い福島県にスポットを当て、気持ちはあっても力を出すきっかけのなかった人に気軽に参加してもらえる内容です。「つながっぺ 福島」は、皆さんの力を求めています。サロンに笑顔を添えてください。風評被害に苦しむ福島の品物を手にとってください。

【日時】
平成24年3月18日(日)午前10時~午後2時
【会場】
東久留米市市民プラザ 市民ひろば
【目的】
東日本大震災の被災地支援を目的としたイベントを開催し、それによって互いに居場所がわからず孤立してしまいがちな環境下にある避難者同士、また避難者と東久留米市民がつながるためのきっかけの場を提供する。
【内容】
被災地支援イベント 参加者数423人

①サロン…265人

東日本大震災義援金 44,162円(共同募金)
東日本大震災の影響から避難をしている避難者と市民、ボランティアとのつながりの場として開催。「福島県人交流コーナー」では同郷の市民である方言ボランティアや地域の民生委員の協力を得て、福島の言葉が飛び交う和やかな場所となった。避難者同士、避難者と市民による暮らしの情報交換の他、弁護士による法律相談も実施された。なお、上記参加者数は試食コーナーやメッセージボード等に来た市民を含めた数。
tsunagappe1
福島県人交流コーナー 正面奥他で弁護士相談も実施
tsunagappe2
情報コーナー 本市の避難所地図を見る避難者

tsunagappe3
東久留米から東北へ! メッセージボード in つながっぺ福島 現在は社協事務所に掲示しています

②物産の販売…158人

福島県産の加工品を中心に販売。販売を担当するボランティアとともに風評被害の克服を応援しようと多数の市民が参加し、互いに支援の意識を共有した。7品目450点の品物は午前中に完売となる盛況ぶりだった。

tsunagappe4
tsunagappe5
tsunagappe6

  

(参加者の声 ※アンケートより一部抜粋)

●東日本大震災の影響で避難している方の感想

・皆いい顔して居ます。希望有!!(75歳/男性/無職/東久留米市在住/震災時住所・福島県)
・福島に生まれ福島に育つ「ふるさと」です。私の生きて死ぬ場所です。「ふる里」につながると思いました(65歳/男性/無職/東久留米市在住/震災時住所・福島県)
・福島の方とお話ができ、とても楽しかったです(女性/東久留米市在住/震災時住所・福島県)
・先日福島に行って来ましたが、原発以来子どもの姿が少なく、洗濯もの、窓を開けられない生活、気の毒でした。原発はむごいです(69歳/女性/主婦/東久留米市在住/震災時住所・岩手県)
・協力したいけれど、忙しくて(71歳/女性/無職/東久留米市在住/震災時住所・その他の県)
・皆頑張って、いい顔してるね(73歳/女性/震災時住所・福島県)
・楽しい交流ありがとうございました(89歳/女性/震災時住所・福島県)
・物産品が少なすぎです。避難しています。皆さんの御好意感謝です(68歳/女性/主婦/震災時住所・福島県)
・とても良かったです、ありがとうございました!(39歳/女性/主婦/清瀬市在住/震災時住所・福島県)
・こういう機会を設けていただきありがとうございます。なつかしいイントネーションにホっとしました(61歳/男性/パート/西東京市在住/震災時住所・福島県)
・福島の復興を心よりお祈りいたします(37歳/女性/介護/新座市在住/震災時住所・茨城県)
・物産品があまり残ってなかったのが残念でした。もっともっと協力したかったです。頑張ってください!(67歳/女性/主婦/新座市在住/震災時住所・茨城県)

●東日本大震災の復興支援について

・私も福島県出身です。なかなか先の見えない浜通りに心をいためています。都内あちこちでやっている行事に参加するつもりです。八重洲口にある店舗にも時々行き、会員になっているので資料も送っていただいております(65歳/女性/主婦/東久留米市在住)
・福島県には私の務めた会社の中で出身者が多数います。皆さん誠実でねばり強く物事をこなしていける人ばかりです。早く福島県がもとの素晴らしい県になることを心より祈っています。(71歳/男性/無職/東久留米市在住)
・福島産の果物、農産物など風評被害は大変なものと思います。毎年桃を取り寄せていますが、やはりあまり数が出ないようでしたし、値段もいつもより安いようでした。皆さんで応援して実際なんでもない物なので、買うだけでも応援になるのでは…(62歳/女性/主婦/東久留米市在住)
・大震災から1年経ってもまだ見通しすらつかない状況に、日本人として何か力になりたいと思いました(60歳/女性/無職/東久留米市在住)
・出来る事を皆で出来るのが嬉しいです(74歳/女性/東久留米市在住)
・とにかくくじけず、頑張りましょう(51歳/男性/東久留米市在住)
・大きな災害の後。周りが支え合うのは大切な事だと思います(37歳/男性/会社員/東久留米市在住)
・日本人全員で協力しよう(73歳/男性/無職/東久留米市在住)
・想像を絶するご苦労をされている方々へ心を寄せて、少しですがご協力させていただければ幸いです(67歳/女性/主婦)

●イベントについて、その他

・この1年大変な状況の中、風評被害等でさらに大変な思いをされているのに心が痛みます。本日は野菜等が売っていると思ってきましたが、なくて残念でした。他の物を買います(60歳/女性/東久留米市在住)
・前を通ってイベントを知りました。入ってみないではいられなくなり、参加しました。同じ気持ちになるのは無理でしょうけれど、「忘れない!」気持ちは伝えたいと思います(64歳/女性/主婦/東久留米市在住)
・サロンが人でいっぱいで入れませんでした(50代/女性/自由業/東久留米市在住)
・午後やっと伺ったところ、午前中に売り切れということ。みんなどんな形でも応援したいと思っているのですね。催すことは大変なご苦労でしょうが、息長く関わり忘れないためにもぜひ度々の計画を望みます(72歳/女性/福祉作業所/東久留米市在住)

【主催】
東久留米市、東久留米市社会福祉協議会
【後援】
財団法人 福島県観光物産交流協会
【企画・運営】
東久留米市社会福祉協議会ボランティア連絡会
【協力】
・東久留米市民生委員・児童委員協議会
・東京三弁護士会 多摩支部
・当日運営スタッフ 合計56人
・本会登録の個人・団体有志 34人(ボランティア連絡会)/方言ボランティア 4人/東久留米市民生委員・児童委員協議会 6人
・東京三弁護士会 4人/市職員 1人、社協職員 7人
 【問い合わせ】
東久留米市社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL 042-475-0739