第1回赤い羽根共同募金にこにこ募金コンテスト 報告

今年度初めて実施した企画です!

本事業は、赤い羽根共同募金運動の趣旨や内容について、多世代の市民に理解してもらい、自分の地域のこととして捉え、興味・関心を持ってもらうこと、特に次代を担う子どもたちには、手づくり募金箱作成をきっかけとして、共同募金運動への参加や地域の人と人とのつながりを体感してもらい、共同募金運動への参加を促進することを目的として実施しました。

夏休みの時期に合わせて、市内の小学校4年生から6年生の子どもたちが作成してくれた募金箱。10月1日~31日までの赤い羽根共同募金推進期間中、実際に募金箱として市内公共施設や金融機関に設置し、活用しました。

【活用写真集】※こだわったポイントとメッセージは募金箱制作者がそれぞれ考えてくれたものをそのまま掲載しています。
contest1浅間町地区センター(浅間町2-24-16)にて活用しました。

細かく貼られた折り紙がとてもきれいです。

募金箱の側面で四季が表現されていて、4面全て見て欲

しい作品です。 

・こだわったポイント

「赤い羽根」ということで赤い羽根がつけられている所です。

・メッセージ

「力をあわせて たすけあおう」

contest2社会福祉協議会窓口(滝山4-3-14わくわく健康プラザ2F)にて活用しました。

色とりどりの布が貼られ、とても可愛らしい作品です。

・こだわったポイント

「温かみがでるように布をいっぱい貼った。」

・メッセージ

「一人でも多くの人が、わたしの作った募金箱に募金を

してくれて、地域の人が喜んでくれるといいな。」

contest3市民プラザ(本町3-3-1)にて活用しました。

大きくてとっても目立っていました!赤い羽根の部分は透けていて中身が見えるんです!

・こだわったポイント
「赤い羽根のきりぬき」

・メッセージ
「赤い羽根の募金がなくなったら、自分たちの生活がとても不べんになるのは、とってもこまります。だから、みんなで、きふするといつまでも、かいてきにくらせると思います。なので、ご協力おねがいします。」

contest4東部地域センター(大門町2-10-5)にて活用しました。

きらきらと光る折り紙がとても素敵な作品です。地球のモチーフも立体的で面白いです。

・こだわったポイント

「折り紙をきれいにはるところ」

・メッセージ

「みんなで協力しよう!」

contest5 まろにえホール(中央町2-6-23)にて活用しました。

カラフルで目を引く作品です。明るくてとても楽しいですね!

・こだわったポイント

「虹のハート(折り紙)の形で作ったことです。」

・メッセージ

「お年寄りや小さな子供たちや体の不自由な人や暮らしのために、協力してほしいです。そして、だれもが明るく生活できるようにも、募金をお願いしたいと思います。」

contest6市民課窓口(本町3-3-1)にて活用しました。

こよりまで自分で染めた本格的な作品ですね。繊細でとてもきれいです!

・こだわったポイント

「白い布を赤くそめて、こよりも赤くそめて「赤い羽根」を重視した所。」

・メッセージ

「みんなのために、ぜひぼきんをしてください。みんなの思いやりが積み重なって、とても大きな喜びになります!みんなの笑顔のために、明るいまちづくりのために、ぼきんをお願いします!」

contest7中央町地区センター(中央町6-1-1)にて活用しました。

ひとつの募金箱にも物語があって、面白いですね。レッドウィングを満腹にさせてあげたい!

・こだわったポイント
「手が回るようにした。ロボットの名前をかいた。目をおり紙にした。あかい羽根をかいた。」

・メッセージ
「このレッドウィングはいつもおなかをすかせています。だから大こう物のお金を入れてください。そして、お金をたべると
                                こまっている人の所へ飛んでいき助けます。」

 12月17日(土)に開催した社協40周年記念表彰式で受賞者の表彰を行い、同会場ロビーにて、コンテストの結果とともに受賞作品を展示。多くの来場者が子どもたちのがんばりを目の当たりにし、感心しきりでした。

募金箱は、募金をしてくれる人とそれを待っている人をつなぐ大切な役割を担っています!その大切な部分に参加してくれた子どもたちに心から拍手です!!

contest8
本会会長(左端)と受賞者のみなさんで記念撮影。

◆受賞者一覧◆

【最優秀賞】 渋江 裕介さん 【優秀賞】白石 志帆さん、安富 舞さん 

【東久留米地区協力会会長特別賞】上村 ひなたさん 

【東久留米地区配分推薦委員会委員長賞】長内 理紗さん

【ナイスメッセージ賞】萩原 栞さん 【ハートフル賞】堀添 祥多郎さん

contest9
ロビーでの展示の様子。素晴らしい作品ばかり!子どもたちのがんばりに拍手です。

それぞれが一生懸命つくってくれた募金箱。この募金箱にお心が寄せられ、それが多くの人々のしあわせにつながっています。

募金する人、集める人、今回のように募金箱を作ったり、メッセージを考えたりして募金を呼びかける人、街頭募金への参加…。共同募金運動に参加する方法は、実にたくさんあります。来年はあなたもぜひ、何らかの方法で募金運動に参加してください。

「こんな方法で参加できないかな?」など、アイデアがあればぜひお寄せください。私たちと一緒に考えて、できることから実行していきましょう!!

 

「自分のまちをよくするしくみ」へのご参加、ご協力どうぞよろしくお願いします!!

 

問い合わせ 地域福祉係☎475-0739