平成23年11月22日(火)、ファミリー会員・サポート会員合同のファミリー・サポート・センター全体交流会を実施しました。
 会場の生涯学習センター(まろにえホール)の周りは桜の葉が紅く色づいて、秋の深まりを伝えています。
 今回は、小さなお子さんがいるご家庭で楽しめる「かんたん、おかしづくり」をテーマに半日を過ごしました。

<メニュー>

① たまごボーロ
② 黒糖きなこあめ
③ ひみつの白玉ちゃん(温かい生姜シロップ入り) 

<出来上がり>

 fami_kouryu1

<タイムスケジュール>

9時30分   ファミサポ交流会オープン!

 fami_kouryu2

9時40分   お菓子の製作開始   

たまごボーロ→きなこあめ→白玉だんご 順に作りましょう。

 fami_kouryu3

たまごボーロは生地を混ぜたら、30分ほど寝かします。
生地を寝かしている間に、きなこあめをつくります。

たまごボーロは、なるべく小さく丸めるのがコツです。
口の中でホロっと消え入るようなら、大成功! 

 fami_kouryu4

白玉は、温かいうちに食べたいメニューなので、一番最後に。
ゆであがった白玉は、温かいお湯にとるのがポイント。
ゴマ餡が入った白玉は、別名、芝麻湯圓(チーマータンユェン)といいますが、今回は中身にチョコレートや黒糖も入れてみました。
中からトロッと口に広がって、おいしい食感です♪ 

11時頃    おしゃべりお茶タイム

11時30分  保育をして下さったサポートさんお子さんと合流タイム

 今回は講師なしで、クックパッドを参考にしたレシピを片手に、参加者一同奮戦しました。
 ファミリー会員さんのお子さんたちは、調理の間、保育班のサポート会員さんに保育室で遊んでいただきました。

 fami_kouryu6

おかしができて、保育室に呼びに行くと、パッパッとおもちゃをお片づけして調理室へ向かいます。
大きなお子さんは、お母さんがおかしを作って待っていると分かっているので、とてもスムーズに合流しましたよ。 

12時半頃    名残りおしいけどお開きお片づけをして解散です。

おしゃべりが盛り上がって、すっかり時間超過。お腹もいっぱいになって、あっという間の3時間でした。
サポート会員さんの何人かは「家に帰って、今度は孫といっしょにつくってみるわ」と仰ってました。

みなさま、お疲れさまでした!


・・・交流会に参加した会員さんの感想・・・

・はじめて作るものばかりで手軽にお話ししながら作れたので、とても楽しかったです。(ファミリー会員)

・お菓子作りもかんたんで、いろいろお話をしながら楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。(ファミリー会員)

・初めての方ともおしゃべりができたし、ファミリー会員さんとも接することができてよかった。(サポート会員)

・お菓子作りをしながら、子育て奮闘話を楽しくさせていただきました。手より口の方がよく動いていたかも!?大雑把なチームで出来上がりの形はよくなかったですが、味はとても美味しかったです。気分もリフレッシュできて、とてもイイ時間を過ごさせていただきました。(サポート会員)

・初対面の方々と協力しあってお菓子作りをすることで和気あいあいと過ごせたから(楽しかった)。ファミリー会員の方が少なかったのが残念でした(お子さんの体調などで来られなかった方がいらしたそうですが)。普段顔を合わせることのないサポート会員の方と交流できる点は良いと思いました。(サポート会員)

・ファミリーの方、サポートとの交流会はとても楽しく会話もはずみ、新しい出会いができたと思います。しいていえばファミリーの方、出席多くすることがもっとよき内容となると考えます。ご苦労様でした。(サポート会員)

・先日の交流会お疲れさまでした。楽しい時間♪ありがとうございました。子どもも主人もおいしい!!と好評でした。来年の夏休み自由研究まで封印とはいかず、近々作ることにしました^^(サポート会員)

・先日は楽しい「おやつ作り」ありがとうございました。今、4人の孫たちと一緒に作りました。大きすぎる!!小さすぎ!!等とワイワイいいながら楽しく作り、出来立てを出すと、すぐに完食!2セット作ったのですが… 又、作ろうね~と言われました。ありがとうございました。(サポート会員)

・・・次回の交流会には、たくさんのご参加をお待ちしております・・・


【問い合わせ】
東久留米市社会福祉協議会
ファミリー・サポート・センター
TEL 042-475-3294