平成29年11月、神宝小学校を避難所とする地域の住民による避難所防災訓練が実施されました。

日時:平成29年11月19日(日)午前10時~正午
場所:神宝小学校 体育館、校庭
主催:神宝小学校避難所運営連絡会(神山自治会、向台自治会)、東久留米市社会福祉協議会
協力団体:神宝小学校、東久留米消防署、東久留米市防災防犯課、東久留米市消防団第一分団、防災まちづくりの会・東久留米、東中学校地区青少協

大きな地震や火災などの災害が起きた時、市や学校の教員が避難所開設や運営に必ず立ち会えるとは限りません。地域で生活する住民が主体となって運営する必要があります。市内にはいくつかの避難所運営連絡会が立ち上がり、住民自らが避難所の運営を検討して各地域の特色を活かした訓練を行っています。

ここ神宝小学校避難所運営連絡会は、平成28年11月から計9回の定期的な集まりの場を設けて話し合いを続け、今回の訓練の実施に至りました。

 今回の訓練は、まず避難所がどこにあるのかを把握してもらうことや初期消火訓練、CPR訓練など自助、共助の力を育む避難訓練の実施を目標に実施されました。
 午前10時に開会式を行い、神山自治会の田崎会長から訓練の開始を宣言、各参加団体の紹介を行いました。

東久留米市防災防犯課の話では、体育館内の電気を消し、災害時に電気が止まった際の様子を再現しました。夜になると更に暗くなるということで、
参加者からは驚きの声があがりました。
29sinpou taiikukan 29sinpou dentou
      電気を消した体育館で話を聞く参加者          備蓄器材 災害時用電灯

 今回の防災訓練では、神宝小学校4年生が作成した地域防災安全マップが体育館内に掲示されまし た。「災害時に備えるってどういうこと?」を学習のテーマに、学校で毎月行っている避難訓練から学習をスタートしました。地図を見ながら地域を歩き、消火器等の災害に備えた設備や、崩れやすそうな塀、人通りの少ない道など危険な場所を探し、それらを示したマップを作成しました。  
29sinpou kikenmap
    安全は場所・危険な場所を付箋で張って見やすく表示
  29sinpou kikenmap2 29sinpou kikenmap3
  道が細く草が多い・ヘビが出るなど、実際に歩かないとわからない情報がたくさん  

また、グループごとに今回学んだ内容の発表も行いました。地域の様子をクイズ形式で発表したり、小学生である自分たちに何ができるのかを考えたりと、各グループごとに工夫をこらして防災に関するメッセージをまとめ、会場はたくさんの拍手が響きました。                                                                            
29sinpou suraido1 29sinpou suraido2 
              スライドを用いての発表  

 体験ブースコーナーでは、各団体による防災に関する体験を行いました。

 29sinpou zukin1 29sinpou zukin2
         本会による手作り防災頭巾体験  
 29sinpou game  29sinpou CPR
   防災まちづくりの会・東久留米による避難所運営ゲーム(HUG)       東久留米CPR友の会によるCPR(心肺蘇生法)体験
29sinpou syoukataiken  
   東久留米消防署による消火体験・ミニ消防士体験  
29sinpou syoubousya 2 29sinpou syoubousya 1
       東久留米消防署による消防車の乗車体験  

































神宝小学校避難所運営連絡会 代表 田崎敏行さんのコメント

「小学生による防災マップの発表が素晴らしく、Jcom等のテレビ取材があれば良かった。防災頭巾の作成実演、災害関係写真掲示、テントの掲示、AEDの実演、防災まちづくりの会・東久留米による避難所運営ゲーム、簡易トイレの掲示、アルファー米の炊き出し、消防車の展示と記念写真、消火訓練実演、防災服を着ての記念写真、防災備蓄品の展示、転倒防止の説明等々、盛りだくさんでした。

市役所、各種団体、消防署、消防団、自治会、神宝小学校も上げての訓練でしたが、子どもからお年寄りに至るまで幅広い参加による有意義な訓練が出来ました。社会福祉協議会の方々、関係者全員の真剣なご対応があったからこそ、防災訓練を大成功に終えることができ、住民の方々の意識はとても変わったと感じましたし、再度の開催の要望も頂きました」

次回の訓練をよりよいものにするために、避難所運営連絡会は話し合いを続けていく予定です。

また、社会福祉協議会では地域の困りごとに、地域に暮らす住民自身が主体となって取り組むための支援として、地域協働事業で訓練の企画運営を支援しています。地域協働事業の内容はこちらをご覧ください。
                                         
問い合わせ 小地域福祉 東部地区担当 電話 042-471-0294