本会では、日頃から市民の防災意識を高め、災害時に市民自身が自助・共助による減災活動や復旧、復興に取り組んでいける地域づくりのため、災害時の災害ボランティアセンター運営やボランティア活動のコーディネート、平常時の訓練や普及啓発活動を担う市民スタッフを養成する基礎講座を平成23年から開催し、今年で8年目になります(平成27年度は開催なし)
 現在84人の方が市民スタッフとして登録していますが、市内で災害が発生した時、市民がおたがいに助け合える体制をつくるためには、最低でも100人規模の市民スタッフが必要です。「どんな時も安心のまちづくり」のため、多くの方のご参加お待ちしています。
 以下詳細となります。

講座プログラム
日時 会場 内容
5月16日(水)
午後6時半~9時
市民プラザホール 1.挨拶・オリエンテーション
2.東久留米市の地域防災
  ~行政の役割、動きを知り、自らの役割を知る~
3.災害VCの仕組み
  講師:東久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター
4.グループワーク・振り返り
5月23日(水)
午後6時半~9時
1.災害VC立ち上げ演習Ⅰ
  講師:災害救援ボランティア推進委員会・社会福祉士
      宮崎 賢哉 氏
2.グループワーク・振り返り
5月30日(水)
午後6時半~9時
1.災害VC立ち上げ演習Ⅱ
  講師:災害救援ボランティア推進委員会・社会福祉士
         宮崎 賢哉 氏
2.グループワーク・振り返り
      
主催:社会福祉法人 東久留米市社会福祉協議会
協力:東久留米市環境安全部防災防犯課

◆ 参加の条件
 心身ともに健康な20歳以上で、下記の①~④いずれかに該当し、プログラムの全てに参加可能で、講座終了後「災害ボランティアセンター市民スタッフ」として登録し、災害時に被災者支援を目的に設置される「災害ボランティアセンター」の運営スタッフとして、運営補助や災害ボランティア活動、広報等を行う意志のある方。
 
 ①市内在住の個人
 ②市内に活動拠点のある市民活動団体(自治会・自主防災組織を含む)
 ③行政職員・東久留米市が指定する避難所の施設職員、学校職員、福祉施設職員等
 ④その他、本会会長が認める方


◆ 定員
 20人(同一団体からの参加者は1団体2人まで)
 ※参加者が10人に満たない場合、講座の開催を見合わせることがあります。

◆ 参加費
 無料。別途材料費等の実費がかかることがあります。

◆申し込み方法
 5月9日(水)までに災害ボランティアセンター 市民スタッフ養成講座 申込書(PDF.138kb)に必要事項を記入し、ボランティアセンター(042-476-4545)までFAXにて送信ください。
 ※お電話での申し込みの場合、①氏名、②年齢、③住所、④電話番号、⑤職業、⑥推薦団体(個人の場合は省略)、
⑦自治会、自主防災組織、ボランティア活動経験の有無をお伝えください。
  申し込み多数の場合は選考します(自治会、自主防災組織、ボランティア活動経験者優先)

災害ボランティアセンター、市民スタッフの詳細は平成30年度災害ボランティアセンター 市民スタッフ養成講座(PDF.542kb)をご覧ください。

問い合わせ先
東久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター
TEL 042-475-0739