認知症高齢者や知的障害者、精神障害者など判断能力が十分でない方を対象に、利用者との契約に基づき、地域で安心して暮らせるように、福祉サービス利用援助を中心として、日常的な金銭管理サービス、重要書類の預かり等の支援をしています。
 
chiken

 

 

<こんなときにご利用ください>
・福祉サービスを利用したいけれど、どうすればいいの?
・最近、よく通帳のしまい場所を忘れてしまう
・家賃や電気・ガス代を忘れずに支払いたい
・役所の手続きがよくわからない
・大切な書類をなくさないか心配

 

<対象>
認知症や物忘れのある高齢者の方、知的障がい、精神障がいのある方など

 

<内容> 1を基本に、ご本人の希望に応じて2・3のサービスを合わせて利用できます
1 福祉サービスの利用援助
・福祉サービスの利用方法や手続きに関する相談、利用料の支払いの支援
・福祉サービスの苦情解決の支援
2 日常的金銭管理サービス
・日常生活に必要な預貯金の払戻しや預入れ、公共料金等の支払の支援
3 書類等の預かりサービス
・日頃使わない大切な書類をお預かります
(例)年金証書、預貯金の通帳、権利証、契約書類、保険証書、実印、銀行印など


<相談>
電話→訪問調査→支援計画作成→契約→サービス開始
・まずは電話でご相談ください
・専門員がお伺いし、ご本人の状況や利用意思、契約能力について確認します
・お困りのことを一緒に考え、支援計画を作ります
・利用契約を結びます
・契約後は生活支援員がサービスを提供します


<利用料>
・相談や支援計画作成は無料です。契約後の支援から有料になります

 

支援の内容

利用料

1 福祉サービスの利用援助

1回1時間まで

1,200円

2 日常金銭管理サービス

通帳等をご本人が保管する場合

通帳等をお預りする場合

1回1時間まで

2,700円

3 書類等預かりサービス

1ヶ月1,000円

 

・上記の利用料のほか、実費分(自動引落し手数料、ご本人宅から銀行や行政窓口等に出向いた時の交通費など)は負担していただきます
・生活保護世帯の方の利用料については、お問い合わせください。

 

<生活支援員>
・地域福祉に理解と熱意のある市民です
・登録型の臨時職員として、公募しています(公募時期はお問い合わせください)

 

<成年後見制度>
・地域福祉権利擁護事業の利用が難しくなった時には、成年後見制度を利用するためのお手伝いもします→くわしくはこちら

 

問い合わせ・連絡先 電話 042-479-6294